The online medical device exhibition

カテーテルを正しく選定するには

カテーテルは用途に応じて幅が異なる細長いチューブの形をしています。血管また体腔内に挿入し、主に薬液のような流体を体内に分配し、ステントまたペースメーカーの電極のような医療装置を取り除くために使用されます。カテーテルは血圧などの生理学的パラメーターを測定するためにも使用されます。

カテーテルを見る

  • カテーテルの構造?

    カテーテルはチューブを接続するための穴と、器具を挿入するための穴を持つチューブです。
    複数の「ルーメン」からなるカテーテルもあります。1つのカテーテルを介して異なる流体を同時に投与することを可能にします。
    先端が風船状のカテーテルもあります。一度膨張するとカテーテルを腔内に維持することができます。例えばフォーリーカテーテルは、膨張したバルーンのおかげで膀胱頸部の定位置に留置できます。尿を回収するには、尿袋と一緒に使用することができます。

  • カテーテルにはどんな種類があるか?

    用途に応じて多種多様なカテーテルがあります。 カテーテルには主に3つの種類があります:

    • 点滴用のカテーテル(静脈または動脈): 薬液などの1つ以上の液体を体内に投与することができます。

      Aesculapのアクセスカテーテル

      患者に何度も注射をしないために、カテーテルは静脈や動脈に配置されます。 薬液の注入は延長されるか繰り返されることがあります。 例えば分娩中に女性は、点滴で陣痛を軽減する局所麻酔薬を受けることができます。 麻酔科医はカテーテルを脊椎の底部の硬膜外腔に置き、局所麻酔薬を含む溶液を注入します。

     

    Urovisionの導尿カテーテル

    • 導尿カテーテル:尿漏れや排尿不能を有する患者の膀胱また腎臓から尿を排出することができます。 これらは結石、腫瘍、また外科的治療の後遺症が原因である可能性があります。 このタイプのカテーテルは、永久的にも断続的にも使用できます。 フォーリーカテーテルのように尿道を通し、また腎瘻造設のように経皮的に直接腎臓に挿入されるものもあります。          ル
    • PTAカテーテル: これらのカテーテルは、先端部に取り付けられたバルーンで血管を拡張します。 主に動脈閉塞または狭窄症(冠状動脈、末梢動脈など)の治療に使用されます。
  • 親水性カテーテルとは?

    「親水性」という用語は、カテーテルの外側カバーの基本的特徴の1つで、滑らかで均一であり生理食塩水中に浸漬されます。

    このタイプのカテーテルの主な目的は、チューブを配置する時の痛み、圧力また不快感などを制限することです。 あらかじめ潤滑されいるため潤っており、摩擦を減らすことで尿道病変のリスクを軽減します。

    無菌で断続的なカテーテル挿入において、現段階の研究では親水性カテーテルの使用が好ましいと言われています。 特に標準的なカテーテルと比較して、細菌尿症(尿中の細菌の存在)の減少および尿道狭窄などの長期的な尿道合併症の減少を可能にします。

  • 静脈カテーテルを使用する上での危険リスクとは?

    末梢静脈カテーテルは特に蘇生術などの緊急の状況や静脈内治療に使用されます。

    設置の際にリスクを伴う場合もあります。 実際患者の15%が合併症を引き起こしています。

    静脈カテーテルの使用に伴う主なリスクは次のとおりです:

    • 感染症(院内感染症):カテーテル感染症は、院内感染症の18〜25%を占めます。 さらに約80%の院内感染性疾患はカテーテル挿入患者です。 感染の発生率は、中心静脈経路と末梢静脈経路のほうが高いです。
    • 気胸:カテーテル挿入直後またその48時間以内に起こる可能性があります。 肺と胸郭の間の胸膜腔は空気で満たされ、呼吸不快感、咳、胸痛、さらには不安感さえ引き起こします。 数週間で良くなるか、必要に応じて胸部から空気を排出するために入院を必要とします。
    • 静脈血管損傷による出血:内頸静脈および大腿骨に発生し、重症ではありません。 超音波でカテーテルの位置を確認することで、出血のリスクを軽減します。
    • 血栓症:この合併症はカテーテル感染症ほど有名ではありませんが、見つけづらくより複雑です。 ですが血栓症と感染症は関連性があります。 血栓の発見はカテーテル感染の危険性を倍増させます。
  • カテーテルはどのように挿入されるか?

    一般的にカテーテルは鎮痛剤なしで配置されます。尿道カテーテルなどのカテーテルは、腔内に直接挿入され、その他の場合は腎瘻造設術の場合のように経皮的に挿入されます。その場合カテーテルの長さおよび直径は、到達する血管また腔、ならびに患者の年齢および性別に依存します。

    用途、使用するカテーテルの種類(親水性かどうか)、患者の体調(年齢、体重、体調、疼痛に対する抵抗力)などにより、カテーテル挿入中の痛みは患者によって異なります。さらにカテーテルを挿入する医師の経験によっても変わります。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
関連したガイド
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です