手術用電動器具を正しく選定するには

手術用電動器具は、骨また骨片の手術を行うために使用される器具で、穴あけ、のこぎり、リーミング、ねじ込みが可能です。 主に人や動物の整形外科学、外傷学、神経学および耳鼻咽喉科における手術で使用されます。

手術用電動器具を見る

  • どのように手術用電動器具を選択するか?

    次の事項を考慮することが重要です:

    • 用途:手術用電動器具は、主に顕微手術、特に顕微神経学および耳鼻咽喉科の顕微手術で使用されますが、外傷学または大きな骨の手術にも使用されます。
    • 使いやすさと重さ:コンパクトで軽量な手術用電動器具は、特に長時間の手術中に外科医が使いやすく、より快適になります。
    • 形状:一部の手術用電動器具は、長骨または外傷手術用に銃の形をしています。 ペン型もあり、顕微手術や小さな骨に適しています。

    その他の考慮すべきこと:

    • 電源:空気圧式、電動式、またバッテリー式です。
    • 多様性:使用するツール(のこぎり、リーマー、ドリル)を変えることができます。 一部のモデルには1つの機能しかありませんが、他のモデルにはいくつかの組み合わせが可能です。 後者の場合、ヘッドのみを変更できます。
    • 騒音レベル:一部のモデルは騒音が多く、作業を中断したり、ストレスレベルを高めたりすることがあります。 静かなモデルを選択することをお勧めします。
    • 二重トリガー:指を押すだけでデバイスのネジ締めやドリルの方向を変更できます。
  • 用途に応じてどの特性について考えるべきか?

    用途は、次のような手術用の電動器具の特徴を決定します:

    • 力:大型動物の場合、外傷学や動物の手術に強力な手術用電動器具が不可欠です。最近のモデルは、電力対重量比が優れています。また顕微手術では、モーターの力は考慮すべき最も重要な要素ではありません。
    • 自律性:バッテリー駆動の場合、使用する前に必ず完全に充電し、バッテリ-が長持ちするモデルを選択する必要があります。滅菌また無菌のリチウム電池は、電力対重量比が優れていますが、本体が重くなります。
    • 利用可能な付属品/適応性:整形外科また外傷学用に、手術用の電動器具には、ドリルの直径が異なるドリルビットなどの付属品を取り付けることができます。用途に応じて器具の端にリーマー、ドリル、また胸骨切開用振動ノコギリなどを取り付けることもできます。
  • 電源のタイプ?

     

    Strykerの手術用電動器具

    電源には主に3つのタイプがあります:

    • 空気圧:圧縮空気ユニットは集中型電源で、感電の危険がなく長寿命であるなどの利点があります。 ただし、手術室に正しく設置し、ケーブルに接続された状態で使用する必要があります。
    • 電動(主電源):少し安価ですが、耐用年数は空気圧式の寿命よりわずかに短く、ケーブルが邪魔になります。
    • 電動(バッテリー駆動):バッテリー式は実用的であり、ケーブルがないため移動の自由度が高くなりますが、一般的に重くなります。 そのため神経学などの、非常に繊細な手術や、長時間の手術では不利になる可能性があります。 また、使用する前に必ず充電し、予備のバッテリーを携帯することを忘れないでください。
  • 手術用電動器具の機能?

      

    Aesculapのバッテリー式手術用電動器具

    大半の手術用電動器具には、取り外し可能なヘッドが付いています:

    • ドリル/穿孔/ネジ締め:ドリルビットの直径は、ドリルと同様に変更できます。 ネジを締めたり外したりするための二重トリガーを備えた器具もあります。 また、複数の掘削速度があります。これらの電動器具は、主に外傷学、人間また動物の整形外科手術で使用されます。
    • のこぎり:主に胸骨切開、骨切断、また人工装具の挿入に使用され、非常に強力です。
    • リーミング:手術用電動器具は、長骨の髄内リーミングと、中耳の後部腔の手術で骨管のリーミングができます。
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です