体温計の選定について

医療用体温計 は、体温を測定および表示するために使用される医療機器の1つで、 発熱、多くの病気や感染症の症状を診断することができます。 温度を計測する方法はいくつかあり、このガイドでは一般的に使用されている体温計を紹介します。

医療用体温計を見る

  • 医療用温度計の選定

    医療用体温計を選定するには、用途、体温計の種類、使い心地、衛生面や安全性などについて考慮する必要があります。

    • 体温を計測する場所 :体温計は、直腸、口、耳、額で計測できます。   一般的な体温計と比べ、例えば幼児用の体温計などは、特別な体温計の1つです。
    • 体温計のタイプ:体温計は、主に水銀体温計電子体温計に分かれます。 電子体温計には、プローブタイプまたは赤外線(非接触)タイプがあります。
    • 使い心地 :体温計には先端が柔らかい ものと硬いものがあります。 また患者間の感染予防用に、使い捨てタイプの体温計もあります。 小児用体温計には、計測しやすいようにおしゃぶり型体温計があります。 また非接触型の温度計は、計測が非常に簡単です。
    • 衛生と安全:用途に応じて、体温計には衛生管理と安全生が必要です。 例えば、非接触型の赤外線電子体温計は、使用後に洗浄する必要がなく、アナログ体温計と比べ患者にとって安全です。

    選定の基準:

    • 用途
    • 温度計のタイプ
    • 使い心地
    • 衛生
    • 安全性
  • 体温計の種類

    温度表示の速さ、精度、また測定単位などによって、体温計にはいくつかの種類があります。

    • 使いやすさと温度:一部の電子体温計は、応答時間が非常に速く、 シンプルで正確な温度表示ができるデジタル画面付きです。 赤外線温度計の読み取り時間は、ほぼ瞬時です。
    • 精度と信頼性:精度と信頼性は、温度を測る場所と使い方に依存します。 直腸で測る場合は、温度精度の点で最も信頼性が高いです。
    • 汎用性:一部の温度計は、幅広い用途に使用できます。
    • 温度測定範囲:温度測定範囲はモデルによって異なり、 一般的に35°C~42°Cです。
    • 測定単位:体温計は体温を華氏温度(°F)または摂氏温度(°C)で表示します。 米国では、華氏温度で測定され、他のほとんどの国では摂氏温度で測定されます。
  • 体温の測定場所について

    測定する場所によって得られる温度が異なり、 直腸、口、額、耳または脇の下で計測できます。

    • 直腸用 :
      • 使い方 :アナログ体温計または電子体温計を直腸に挿入します。 特に幼児や小さな子供に使用されます。
      • 利点:最も信頼性が高く正確な体温測定方法です。
      • 欠点:計測が快適でないということ。 安全上の理由から正しく挿入する必要があり、また使用するたびに先端を消毒しなければなりません。
    • 口用 :
      • 使い方 :アナログ体温体温計または電子体温計のプローブを患者の舌下に配置します。 体温計を配置した後は、口を閉じた状態に保ち、鼻から呼吸をします。
      • 利点:計測が簡単。
      • 欠点 :直腸よりも不正確な点。 ただし温度を計測中に患者の口がしっかり閉まっている限り、測定の信頼性は維持されます。 また食べ物や飲み物を消費してから15分後に測定を行う必要があります。 そして温度計は、使用後にきちんと洗浄する必要があります。
        注意点 :壊れやすいガラス製のアナログ温度計は、幼児や小さなお子さんには使用できません。 そのため、おしゃぶりタイプの温度計を使用します。
    • 額用 :
      • 使い方:この体温計には赤外線式の非接触タイプと、額に直接着用するストリップを使ったタイプがあります。
      • 利点 :使い方が簡単で計測が速いこと。   赤外線式温度計の場合、非接触なので衛生的です。
      • 欠点 :直腸または耳の体温計よりも正確でない点。
    • 耳用 :
      • 使い方 :耳用の電子体温計を使用し、 プローブを外耳道に挿入します。 また使い捨ての先端部分もあります。
      • 利点 :使い方が簡単で計測が速いこと。
      • 短所:耳あかにより、計測結果が不確かになる場合があります。 患者の方の耳を傷つけないように、取り扱い説明書通りの正しい使い方をすることが大切です。
    • 脇下用:
      • 使い方 :アナログまたは電子体温計のプローブを脇下の中央に配置します。
      • 利点:使いやすい。
      • 欠点:脇の下を通過する空気のため、信頼性が低く、不正確な方法です。

    計測場所

    • 直腸
    • 脇下
  • 水銀体温計について

     

    Wuxi Medcare Instrument Co., Ltd.の水銀体温計

    ガラス製のアナログ体温計には、直腸用、口用、脇用があります。 現在では、様々な理由で使用が大幅に減っています。

    まず温度の目盛は読み取りにくく、体温を計測するまでに数分かかります。 またガラス製なので、簡単に壊れる可能性があり、幼児の口内には使用できません。

    水銀温度計は水銀の毒性のために、ほとんどが使用されなくなりました。 水銀温度計は、熱の影響で体温計内で膨張するガリウム、スズ、インジウムの混合物を使ったモデルに置き換えられました。

  • デジタル電子体温計について

     

    Medisanaの放射線温度計

    これらの温度計は温度表示が速く、使いやすいという点から人気があります。 一部のモデルには、赤外線に加え非接触機能も搭載されています。

    • 表示の速さ :電子体温計は、従来のガラス製体温計よりも計測が速いです。 直腸用の体温計には、20秒程度で計測ができるものもあり、幼児に適しています。
    • 使いやすさ :デジタル画面なので、温度が読みやすいです。 さらに温度計測が終わると、 音声で知らせてくれます
    • 赤外線式 非接触型:これらの温度計は、患者の方の体に触れることなく、温度を測定できます。
      • 利点:感染予防ができ、 衛生面や安全面に優れています。 また温度測定中に患者の方の邪魔になりません。例えば、眠っている子供の温度を測定したい場合に便利です。
      • 欠点:測定は「体外」で行われるため、接触型のアナログまたは電子モデルよりも信頼性が低くなります。 値段もより高いです。
  • 体温計のオプションについて

     

    TaiDoc TechnologyのBluetooth体温計

    医療用体温計に一般的にあるオプションは、音声モデルと通信モデルです。

    • 音声機能付き体温計 :1秒未満で温度を読み取り、視覚障害者のために音声機能を備えた非接触型電子体温計があり、 音声は複数の言語から設定できます。
    • スマ-ト体温計: 着用型温度を持続的に管理したり、リモートで制御できるものがあります。 スマート体温計は、赤ちゃんを起こしたり、部屋に入ったりすることなく、赤ちゃんの体温を測ることができます。 これらのモデルは、一般的にパッチ の形をしており、体のさまざまな場所(額、腕の下など)に取り付けることができます。 パッチはスマ-トフォンのアプリに接続されており、Bluetoothによりデ-タを受信します。
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です