医療用衣服の選び方

医療用衣服は、医療従事者だけでなく、患者や訪問者の体の一部または全体を覆うために使用されます。その主な用途は個人の保護、作業区域の非汚染、医療従事者の識別、また快適さや利便性を得るためです。

医療用衣服を見る

  • 主な医療用衣服について

    医療用衣服には大きく分けて、医療従事者用、患者・訪問者用、研究室・クリーンルーム用の3種類があります。

    • 患者さんや訪問者のための服 :
    • 研究室やクリーンルーム用の服 :
    Dickies Medical社製研究所用白衣

    Dickies Medical社製研究所用白衣

  • スクラブの選択基準について

    スクラブ(ブラウスまたはチュニック+ズボン)を選ぶ際には、実用性やプション、色、スタイル、サイズ、素材など、いくつかの基準を考慮する必要があります。

    • 実用性/オプション:スクラブを選ぶ際には、以下のようなオプションが実質的な違いをもたらします。
      • 優れた断熱性
      • 汗をかかないための通気性
      • ペンや絆創膏、電話などを効率的に収納するためのポケット(側面、胸、仕切り付き)
      • ホックタイプがおすすめ(ファスナーは避ける)
      • カスタマイズ可能(色、模様、サイズ等)
      • 洗いやすく、アイロンもかけやすい
    • :医療施設に決まりの色がある場合、この基準は重要です。 多くの医療施設では、緊急時に重要となる医療スタッフの役割素早く認識するために、等級や部署ごとにブラウスの色が決められています。 例えば、手術室の外科医や麻酔医には緑や青、助産師にはピンク、看護師には白が割り当てられることが多いです。
    • サイズ/スタイル/カット:医療用衣服は、あらゆる体型にフィットするように、さまざまなサイズやカットが用意されています。 ズボンはスリム、フレア、ストレート、ウエストゴムの有無など、医療従事者の好みに合わせて、できるだけ快適に過ごせるようになっています。 ブラウスもフィットしたものもありますが、ほとんどは動きやすさを重視したゆったりタイプです。 衛生上の理由から、服の生地が患者と接触するのを防ぐために、半袖が望ましい場合があります。 しかし研究所では、化学物質の飛散や大怪我のリスクを防ぐために、長袖の着用が必須です。
    • 素材: 医療従事者の多くは、保温性が高く、どんな状況でも快適に着用できるポリエステルと綿の混合素材を好みます。 また、粒子の放出が少ないため、細菌やバクテリアの感染リスクを軽減させることができます。 さらに耐久性にも優れているので、使用後に毎回洗濯しなければならないことを考えると、これは大きな利点です。
    Pastelli Uniforms社製スクラブ

    Pastelli Uniforms社製スクラブ

  • 手術衣の選択基準について

    手術衣は、手術室で手術を行う人のための衣服です。 手術衣は、素材、生地の重さ、規格や認証、その他の特性などの重要な基準に基づいて選びます。

    • 素材:手術衣の主な素材は、ポリプロピレンのSMS不織布です。 いくつかのタイプがあります。 この素材は、柔軟性、軽量性、静粛性、耐久性に優れています。 また、綿、ビスコース、ポリ塩化ビニル、ポリエステルなどの素材もありますが、一般的ではありません。
    • 生地の重さ:手術衣の平均的な重さは45~55g/m²ですが、それ以上の重さになることもあります。
    • 規格と認証:規格と認証は、利用者の安全性を確保するための衣服の設計、造り、品質などを定義します。特に、衣服の不浸透性や帯電防止性の度合いを定義することができます。
    • その他の:
      • 織物/不織布
      • 滅菌/非滅菌
      • 単価、数量など
    GIMA社製の手術衣

    GIMA社製の手術衣

  • 防護服を選ぶ際の基準について

    防護服を選ぶ基準は、使用分野、必要な防護レベル、着やすさ、耐久性、防寒性などです。

    • 使用分野: 以下の用途では、全身防護服が必要となる場合があります:
      • 研究所
      • クリーンルーム
      • 製薬業界
    • 保護レベルと基準:
      • 化学物質からの保護
      • 十分な防水性・気密性
      • 帯電防止性
    • 着用のしやすさ:
      • 素早く簡単に着れる
      • ファスナー付きポケット
      • 締め紐付きの一体型フードかどうか
    • 耐久性:
      • 耐摩耗性
      • 破れにくさ
      • 穴の開きにくさ
      • 燃えにくさ
    • 防寒性:防護服を選ぶ際には、寒さや雨の中での作業や、困難で変化の多い天候の中での作業に適切なものであるかどうかを確認しましょう。
    • オプション:
      • 特定のサイズ(XXSやXXLなど) があるかどうか
      • 色のバリエーションがあるかどうか
    3M社製防護服

    3M社製防護服

Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です