血糖測定器を正しく選択するには

血糖測定器は、血液中のブドウ糖のレベルを測定する医療機器です。 糖尿病患者は、血糖値を監視し、必要に応じてインスリンの摂取を調節するために使用します。通常、血液を収集するための検査紙と一緒に使用されます。 近年、より侵襲的で制限の少ない測定器が徐々に登場しています。

世界中で糖尿病が増えているため、血糖監視システムの発展は、世界的に重要な課題となっています。

動物向けに、特別に設計されたモデルもあります。

血糖測定器を見る

  • 血糖測定器はどのように機能するか?

     

    LifescanのOneTouch Verio Flex

    血糖測定器は侵襲、非侵襲、持続の3タイプに分けられます。

    侵襲的 :測定は、穿刺装置ランセット検査紙を使用して、採取した血液サンプルで行われます。 多くの場合、購入時にキットの形で販売されています。 その後、新しいストリップとランセットを薬局で購入する必要があります。 このタイプの血糖測定器は、最も正確な測定方法です。

     

    GlucoWise™

    非侵襲的(または低侵襲的) :近年、測定部位(通常は腕)と接触する、物理化学センサータイプの様々な測定器が登場しています。

    メーターを使用して領域をスキャンすると、血糖値をほぼ瞬時に得ることができます。1日に6回自分で注射したり、検査紙やランセットを交換する必要がないため、糖尿病患者の方にとって最適な測定器です。しかし販売数が限られており、これまでの結果では、侵襲的な血糖値測定器と同等であることを示しました。その他の欠点は、センサーが所定の位置に留まらないという点です。

    持続血糖測定器:連続測定が可能で、患者さんは本体を腕に取り付けます。そのためどこへでも移動ができます。このモデルは、遠隔伝送システムを備えた埋め込み型センサーが装備されています。間質液中の血糖値を測定し、長期間にわたる血糖の変化を、より正確に調べることができます。また毎日指を刺す必要がなくなり、患者さんの負担を緩和します。しかし本体のメンテナンスや、学ばなければならないことなどがあります。例えばデータの解釈の難しさ、センサーの誤動作、血糖値とグルコースの連続測定により表示される測定値の差などが、患者さんにこの測定器を使用することを諦めさせる原因となっています。

  • 血糖測定器の最も重要な機能は何か?

    血糖測定器は、患者の方々のニーズに合わせて調整する必要があります。そのため血糖測定器を購入する前に、その使いやすさ、持ち運びやすさ、血糖値の表示方法、チップ(コード)の使用などについて考慮する必要があります。

    • 使いやすさ:血糖測定器のインターフェースは直感的で、結果と説明を簡単に表示できる必要があります。一部のモデルは、使いやすいタッチスクリーンです。本体は、持ちやすいサイズと形状であることがおすすめです。
    • 持ち運びやすさ:患者の方々が、血糖測定器をどこにでも持ち運びしなければならない場合、本体の持ち運びやすさは非常に重要な要素です。そのため小さくて軽いモデルを選択する傾向が強くなりますが、若い方の場合は、本体の重さから選択するべきではありません。
    • 血糖測定単位:メーターモデルに応じて、結果はg/l、mg/dl、またmmol/lで表示されます。選択した測定単位に気を付けないと、誤解を生む可能性があります(複数の単位を選択できる測定器の場合)。 mg/dlからg/lへの変換は、数値を100で割ることによって得られます。例えばメーターがmg/dlに設定され、123の結果を表示する場合、患者の毛細血管血糖値は1.23g/lです。 mmol/lからg/lへの変換は、mmol/lに0.18をかけることで得られます。
    • チップ(またはコード)の使用 :一部の血糖測定器では、検査紙のボックス内に、チップが含まれており、使用後に捨てる必要があります。メーターと検査紙が不適合な場合は、誤った結果につながる可能性があります。この適合が必要なメーターの場合、測定前に表示されているコードが、使用している検査紙チューブのコードに対応していることを確認することが不可欠です。そうでない場合は、測定を行わないでください。またコードを入力する必要のないモデルもあります。

    血糖測定器を選択する際に、考慮すべき要素:

    • 使いやすさ
    • 運びやすさ
    • 測定単位
    • チップまたコードの使用
  • 血糖測定器の測定項目?

    現在複数の測定技術が使われており、電気化学が主流で3つのカテゴリーに分けられます:

    • グルコースオキシダーゼ
    • グルコース脱水素酵素
    • 色付きグルコース酸化還元酵素

    得られる結果は、使用する技術によって異なる場合があります。したがって、メーターに示されている技術と互換性のある検査紙を使用することは常に重要です。

    同様に様々な種類の技術は、一部の治療を妨げる可能性があります。例えばグルコースオキシダーゼは、酸素療法を妨げます。色付きグルコース酸化還元酵素は、マルトースとガラクトース、また輸液用溶液に含まれる多糖類またオリゴ糖類を妨害します。マルトースは、血液中に直接(免疫グロブリン製剤)また代謝後(例えば、腹膜透析で使用されるイコデキストリン)に高濃度で存在します。

    したがって、の結果を過大評価するリスクは非常に高く、軽視すべきではありません。多くの場合禁忌は、血糖測定器に表示されています。例えば、腹膜透析の場合、測定器を使用することは禁止されています。

  • 血糖モニタリングには、どのようなオプションと進展があるか?

    ワイヤレスネットワーク接続、スピーキングモード、マルチパラメータモデルなど、血糖測定器の使用を容易にするためオプションがあります。また、人工膵臓システムを開発するための研究が現在行われています。

    • スピーキングモードのモデル :主に視覚障害のある患者の方を対象としています。使いやすく衛生的で、手動でコ-ド入力をする必要がないため、測定が容易になり、エラーがなくなります。音声ガイド機能のおかげで、目の不自由な方や視覚障害のある方でも、1人で測定できます。検査紙を挿入すると、自動的に起動します。
    • マルチパラメ-タモデル :血糖測定に加えて、同時にその他のパラメーターの測定を行えます。温度計、コレステロール測定器ケトン測定器、乳量計などと組み合わせて使用​​できます。 測定器の利用法に合った糖尿病キットを持つことが重要です。これには通常、穿刺装置、ランセット、検査紙、持ち運び容器が含まれます。
    • 人工膵臓は、糖尿病患者の未来の治療?

    2型糖尿病治療のための次のステップは、人工膵臓の開発です。進行中の研究や臨床試験は、血糖値を継続的に監視し、タブレットや携帯電話を使い、必要なインスリン量を計算するシステムを作ることを目的としています。必要なインスリン量は、インスリンポンプを使用して自動的に血液に送られます。
    1型糖尿病用の人工膵臓はすでに売り出されています。 「インスリンiphone」と呼ばれるこのデバイスは、血糖値に基づいて5分ごとにインスリン送達を自動的に調整します。血糖値を監視するために、皮膚のすぐ下に小さなセンサーが挿入されています。7日間持つ充電式バッテリーを備えており、血糖値のピークの測定に役立アルゴリズムを使用しています。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です