The online medical device exhibition

心電計を正しく選択するには

心電計は、心臓の電気的活動を記録する医療機器の1つで、その活動は皮膚の表面に装着された電極によって収集されます。 心電図の分析により進行中や起こりうるの心臓発作、不整脈、冠動脈閉塞、心筋の損傷領域、拡張した心臓の容積などを検出できます。

心電計を見る

  • 心電計の主なタイプは何か?

    検査の種類に応じて選ぶ心電計には、主に2つのタイプがあります:

    • 安静時に使用する心電計:このタイプの心電計は、診断中や手術前の安静時に使用されます。 医師が患者の健康状態を管理するための重要な医療機器の1つです。 心電計に接続された電極は、体のさまざまな部分(胴体、手首、足首)の皮膚上に装着し、心臓の電気的活動を記録できます。 電極は最低6個装着する必要がありますが12個、15個、また18個着けることもできます。
    • 運動負荷試験用心電計 : このタイプの心電計は動悸や胸痛を持つ人によって、運動中に使用されます。 検査中に患者は身体に負荷をかける必要があります。通常トレッドミルで速度を徐々に上げていき、10分〜30分続けます。 電極は呼吸数と血圧を測定することもできるシステムに接続されています。
  • 心電計の「チャネル」は何を表しているか?

    心電計は、身体の様々な場所に配置された電極を通して、心臓の活動に関連する電圧を記録します。 電極の位置により、心臓の電気的活動を色々な角度から見ることができます。 それらはECGのプリントアウトで に「チャネル」として表示されます。

    各チャネルは2つの電極間の差動電圧、またはいくつかの電極の平均電圧と1つの電極間の差動電圧を表します。 電極を様々に組み合わせることによって、電極の数よりも多くのチャネルを表示することができ ます。

  • 電極数の選択方法は?

    Schillerの12チャネルの心電計

    Schillerの12チャネルの心電計

    電極の数は多いほど、診断結果の信頼性が高く正確になります。

    4誘導心電計(電極3個と接地1つ)で基本的な診断ができます。心拍数の測定、変化の分析、P波、QRS複合、T波などを見ることができます。通常電極は手首と足首に装着されます。両腕と左脚の電極は心臓の電気的変動を反映し、右脚の電極は接地に役立ちます。

    12誘導心電計は、騒音と誤作動がなくなるにより、より正確な診断を行えます。また心臓の特定の部分の診断を改善することもできます。12誘導心電図は手首・足首の4箇所の肢誘導とV1~V6の胸部誘導へ電極を装着することで12箇所の方向から心電図を測定できます。

  • ECG電極にはどのような種類があるか?

     

    LUMEDのECG電極

    電極の種類は複数あります:

    • 小児また成人: 小児また成人に使用するかどうかで使用する電極は変わります。子供や幼児向けの電極は、大人向けの電極よりも直径が小さくなっています。
    • 電極の固定方法: 吸着電極、圧力電極、クランプ電極、ロック電極、クリップ電極。
    • 寿命:再利用可能と使い捨ての場合があります。再利用可能な電極には、多くの場合、金属製の吸盤やクランプが付いています。使い捨て電極は、主にロック電極と圧力電極です。このタイプの電極の使用には導電性ジェルを塗る必要があります。 より強力な接着剤を備えた電極もあり、それらは数時間皮膚に付着することができ、集中治療室や手術室で使用されています。これらの電極には、コネクタまたクランプを追加できます。
  • 心電計にはどのようなオプションがあるか?

    完全な診断結果を得るために利用できるオプションがあります:

    • 継続的モニタリング:心臓専門医が心臓活動の異常を疑った場合、継続的な心電図が必要になります。首周りに着けるペンダントやベルトにあるケースに接続された、胸部に装着する電極により24〜48時間にわたって記録が行われます。患者は入浴やシャワーを避け、活動期間と休息期間、および経験した症状を記録する必要があります。
    • 心電図の自動分析:ほとんどの心電計には、心筋の病状を直接検出するために、測定信号を自動的に分析するソフトウェアが装備されています。
    • ワイヤレス接続:一部の心電計はワイヤレスで、システムをより迅速にインストールすることができます。ケーブルが邪魔にならず、信頼性の高い結果が得られます。
    • 拡張心臓モニタリング:患者の心臓の活動を長期間にわたって記録するために、 1年間植え込み型の心電計を皮膚下に植え込み、心拍数を継続的に記録できます。収集したデータは電波で送信できます。
  • 心電図から分かることとは?

    心臓病専門医にとって心電図は多くの情報源となっており、それで検出できる心臓病には次のものがあります:

    • 加速自発性心室律動
    • 促進性接合部調律
    • 脚ブロック
    • 心静止
    • 頻脈
    • 心房粗動
    • ペースメーカーの故障
    • 心停止
    • 不整脈
    • 徐脈
    • 心室・心房細動
    • WPW(ウォルフ・パーキンソン・ホワイト)症候群
    • 副鼻腔機能不全
Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です