ストレッチャ-を正しく選択するには

ストレッチャーは担架とも呼ばれる担架と台車を組み合わせたもので、 病気人や怪我をした患者を横にさせたり、座った状態にすることもできます。様々な医療分野で患者を輸送することを目的に主に病院や保健センターで使用されています。 また特に救急隊員によって、患者を医療施設に搬送するために屋外でも使用されています。

ストレッチャーはその応用分野、体の位置および様々な機能によって区別されます。

ストレッチャーを見る

  • どのような種類のストレッチャーがあるか?

     

    ROYAXの救急車用ストレッチャー

    用途によりストレッチャーの選び方は変わります。 ストレッチャーの用途には、救急用、トラウマ用、遺体用、新生児用、眼科用の主に5つの用途があります。

    小児用ストレッチャー、肥満の患者用ストレッチャ-、また放射線およびMRIサービス用のストレッチャーなどの一部のストレッチャーには、特別な機能があることに注意してください。 放射線およびMRIサービス用のストレッチャーには、直接検査ができる放射線透過型ストレッチャーまた非磁性のストレッチャーがあります。

    主なタイプのスチトレッチャー:

    • 救急ストレッチャー
    • 心的外傷用ストレッチャー
    • 遺体用ストレッチャー
    • 新生児用ストレッチャー
    • 眼科用ストレッチャー
  • ストレッチャーにはどのような機能があるか?

     

    Malvestioの輸送用ストレッチャー

    ほとんどのストレッチャーは高さや背もたれ、傾斜の調整、セルフローディングなどの機能を備えており、これらの機能を選択の際に考慮に入れることは重要です。 これらの機能を持つストレッチャーを作動させるには、動力源(機械、空圧、油圧、電気)が必要になります。

    • 高さ調整が可能:ストレッチャーは高さ調整が可能なため、理想的な位置で作業できます。
    • 背もたれの調整が可能: この機能は半座位また座位での患者の快適さを向上させます。
    • 台を傾けられる: 一部のストレッチャーは、トレンデレンブルクの位置、また逆トレンデンブルクの位置(下肢が頭よりも低い位置)にリクライニングできます。 これらの位置は多くの場合ペダル操作です。
    • セルフロ-ディングストレッチャー:緊急時の対応や応急処置では、患者の救急車への積み込みやそこからの積み降ろし作業中のオペレーターの負担を減らすことができる、セルフローディングストレッチャーの使用をおすすめします。 ボタンを1つ押すだけで、救急車内でも取り外し可能な部分がストレッチャーから分離します。 これにより、ストレッチャーとトロリーを別々に簡単に使用できます。
  • どの構成のストレッチャーを選ぶか?

    用途の分野と使用頻度に応じて、5つの点をチェックすることが重要です:メンテナンスが行いやすいかどうか、寝る部分の構成、ステアやブレーキシステムと付属品との適応性などです。

    • 重量:ストレッチャーの最大積載荷重で、特に肥満患者の輸送をする場合は必ず知っておく必要があります。
    • メンテナンスと掃除の行いやすさ:特にストレッチャーの使用頻度が高い場合や不清潔な環境(急救命室や応急処置の場合、手術室、遺体安置所など)で使用する場合は考慮すべき重要点の1つです。
    • 寝台の構成:モデルによって1部分から4部分があります。分け目が多いほど患者をストレッチャーに快適に配置できます。 さらにこの分け目部分を追加することで、より患者の姿勢を調整できます。
    • ステアブレーキシステム:ストレッチャーの操作を快適にし、一部のモデルでは、ストレッチャーを簡単に停止できるハンドルに6輪駆動ステアまたアクティブブレーキシステムを装備しています。
    • 付属品との適応性:ストレッチャーが様々な状況に対応できることを目的としており、たとえば点滴スタンド用のレール固定、治療や移動中に患者に直接アクセスするための伸縮サイドレールなどがあります。
  • ストレッチャーの付属品には何を選ぶか?

    ストレッチャーには多くの付属品を追加できます。 例えば:

    • 患者を搬送中に使う点滴用スタンド
    • 患者の転倒リスクを防ぐサイドレール
    • 統合された体重計
    • 酸素ボンベホルダー
    • 患者をストレッチャー上に固定するためのベルト
    • 調整可能なヘッドレストなど
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です