医療用吸引器の選び方

医療用吸引器は、分泌物や細切した組織、ガスなどを除去するために使用されます。主に手術中に使用されます。

医療用吸引器を見る

  • 医療用吸引器の主な選択基準

    医療用吸引器を選ぶ際には、用途、流量や吸引力、電源モード、騒音レベルなどについて考えることが重要です。 ここでは、医療用吸引器の主な選択基準をご紹介します:

    • 用途・構成:医療用吸引器は、緊急時に医療スタッフが患者を搬送する際だけでなく、医療施設での手術在宅医療でも使用することができます。 用途に応じて固定型よりも、携帯型を選ぶ方が好ましい場合もあります。
    • 吸引力(mmHg)と流量(L/min):少なくとも300mmHgの吸引力と30リットル/分の流量を提供できるものでなければなりません。
    • エネルギー:医療用吸引器の大半は電動式です。 空気圧式の医療用吸引器は、コンプレッサーや真空コンセントのある施設で使用できます。 バッテリーの進歩もあり、携帯型が主流です。
    • 吸引容器の容量(L): 平均的な吸引容器の容量は2~5Lです。
    • 騒音レベル(dB):吸引器使用時の騒音レベルは65dBを超えてはなりません。
    • バッテリー持続時間(分):緊急時には、一度に複数人の患者に対応しなければならないこともあり、バッテリー式吸引器の充電をする時間がほとんどありません。 そのため、バッテリーの寿命が長く、また充電時間が短いものを選ぶことが重要です。 バッテリーが古くなったり、充電力が弱まると、すぐにパワーダウンする吸引器もあります。
    • 寸法と重量:この基準は、吸引器が携帯型である場合に特に重要です。 体格や体力の異なる人が持ち運ぶことを考え、携帯型の吸引器は軽量で、バッグやストレッチャーに収納できることが重要です。
    • 価格
     HUM社製の空気圧式医療用吸引器

    HUM社製の空気圧式医療用吸引器

  • 医療用吸引器の二次的な選択基準について

    医療用吸引器を選択する際には、断続的な吸引機能、調整可能な吸引限界、フィルター効率など、二次的な選択基準があります。 ここでは、その二次的な選択基準をご紹介します:

    • 断続的な吸引または段階的吸引:吸引段階やパワーを個別に調整できるので、特に便利な機能です。 これらの機能は、胃のドレナージや敏感な組織の特別な保護に最適です。
    • 調整可能な吸引限界:吸引限界に達するとバルブが開くことで、吸引カテーテルが傷つきやすい組織に付着し、損傷するのを防ぎます。 また、新生児から大人へとすぐに使用できるように、素早く簡単に調整できる吸引器も必要です。
    • 吸引容器の満杯検知装置 :この装置があれば、容器が満杯になった時点でシステムが停止します。
    • フィルター効率: 一部の吸引器には、内部部品の汚染を防ぐために細菌またはウイルスフィルターが搭載されています。
    • ペダル制御
    • 吸引カテーテルの長さと直径
    HERSILL社製携帯型バッテリー式吸引器

    HERSILL社製携帯型バッテリー式吸引器

  • 医療用吸引器の用途について

    医療用吸引器は、以下のような状況で使用されます:

    • 病院に着く前の処置:救急隊員が病院に到着するまでに、患者の気道・呼吸・循環 を確保するために使用されます。 主に血液や嘔吐により気道がふさがれている患者や、呼吸器系の緊急事態にある患者に使用されます。 救急医療、特に救急車の中で携帯型医療用吸引器を選びます
    • 病院での処置:手術室では、電動式か空気式の固定式、またはキャスター式吸引器を選びましょう。 ほとんどの病室には、気管切開や扁桃腺切開などの処置に使用される、壁固定型の吸引器が設置されています。 病室に壁固定型吸引器がない場合には、携帯型の吸引器が使用されます。 また、携帯型の吸引器は、病院が満員時に廊下や外で処置をする際にも欠かせません。 医療用吸引器は、ほとんどの医療分野で使用されています。
    • 在宅医療:在宅医療で、分泌物を排出できない患者にも使用できます。 姑息的治療、慢性疾患(COPD、ALS、嚢胞性線維症、気管支拡張症など)の患者や気管切開をした人にも使用できます。
    Medela社製の入院治療用吸引器

    Medela社製の入院治療用吸引器

  • 吸引器の流量・吸引力について

    適切な吸引器を選択するためには、必要な流量と吸引力を知っておくことが重要です。 

    • 流量(L/min):
      • 15L/min以下は低流量(携帯型吸引器)です。
      • 30L/minは平均的な流量です。
      • 30L/min以上(:40、50、60L/min) は高流量です(手術室用吸引器)。
    • 吸引力(mmHg):90kPa(675mmHg/900mbar)が最大吸引力として、どの吸引器にも必要とされています。
  • 騒音レベルについて

    音の大きさは、吸引器を選ぶ際の大きな基準の一つです。 静かな吸引器の中には、40dB程度のものもあります。

     騒音公害を招くので、65dBを超えてはなりません。

Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です