The online medical device exhibition

遠心機を正しく選ぶには?

遠心機は、密度の異なる物質を分離するために使用される機器です。医療目的の遠心機は、主に分析用のサンプルを準備するために研究所で使用されます。例えば血液から血漿を分離するために遠心機が使用されます。ローターが装備されており、その中にサンプルを配置します。

遠心機には用途に応じて様々な種類があるため、その選択は重要です。

遠心機を見る

  • どのようなタイプの遠心機があるか?

    •  超小型遠心機 : 一般的に毛細管などの少量のサンプルに使用され、 特に血液検査に利用されています。 回転速度は10000rpmを超え、コンパクトなデザインです。
    • 超遠心機 :超高速の遠心機で、 専門的研究室での分析に適しています。 回転速度は50000rpm〜100000rpmです。
    • 手動遠心機 :  クランクハンドルで動かします。 回転速度は最大3000rpmです。
  • 遠心機にはどのような機能があるか?

    遠心機の種類とその用途に応じた次の機能があります:

    • 血液病学の場合 :ヘマトクリット遠心機また血液銀行用遠心機があります。 これらのコンパクトな遠心機は、血液中の赤血球の体積分率を効果的に決定します。 一般的に同時に24の毛細管を収容でき、最大回転速度は通常12000rpmです。
    • 分子生物学の場合 : DNA抽出に適した遠心分離機の購入をおすすめします。 後者の場合サンプルの種類によっては、「冷却遠心機」が必要になる場合があります。 冷却遠心機は、一定の温度に保つ必要があるサンプルを処理するために使用されます。 したがって一定の温度を維持しながら最大速度で動作することが不可欠です。 ほとんどの場合、これらの遠心機が提供する温度範囲は-20℃〜-40℃であるため、DNAやRNAの分析に最適です。
    • 細菌学の場合 :様々な液体を扱う細胞学用に使われています。
    • 寄生虫学の場合:寄生虫の集中テストを行うことができます。
    • 毒物学、薬理学など
  • 適切なローターの選び方?

    ローターには次の種類があります:

    • 固定角ローター:このローターは金属製で内部に穴があり、モデルに応じて15度〜35度で傾斜しています。 チューブは穴の中に置きます。 一般にこれらのローターは比較的にコンパクトで、回転半径が小さいため、すばやく回転できます。 粒子はチューブの壁に沿って、チューブの底に向かって沈降していきます。 中速および高速の遠心機はこのタイプのローターを使用します。
    • スイングローター:動作中にチューブの角度を変えることができます。 バケットは停止時に垂直になり、使用時には水平になります。 そのため粒子は、チューブの壁にぶつかることなく、チューブの底に直接堆積することができます。 このタイプのローターの欠点は、バケットが水平位置にあるとローターの回転半径が非常に長くなり、高速回転が難しくなることです。 少量の物質の研究に頻繁に使用されています。

    適切なローターを選択するには、次の点について考慮する必要があります:

    • 容量:サンプルの量
    • 速度:選択したローターのタイプによって異なります。 スイングバケットローターよりも固定角ローターの方が高速です(前段落を参照)。
    • 遠心分離するサンプルのタイプ。

    様々なローターに対応している遠心機のモデルを選択するべきで、 またローターの交換を簡単に行えるということも重要です。 一部のモデルには自動ローター識別システムが装備されています。

  • 遠心機の構成の選択方法は?

    一般的に実験室で利用可能なスペースは、遠心機の構成を選択する際に考慮すべき最も重要な基準になります。

    • 卓上型遠心機:小型で実験台に簡単に設置できます。 堅牢で耐久性があり十分な容量があるため5000/6000rpmで回転できます。 臨床生物学の研究室にはこのタイプの遠心機が適切です。 一部のモデルは冷却機能があるため、凝固因子などの壊れやすい物質を遠心分離するために使用できます。
    • 幅の広い遠心機は通常フロアスタンド型 :実験室でスペースを最適化するには、フロアスタンド型の遠心機がおすすめです。 このタイプの遠心機は大量のチューブを処理できます。 回転速度は一般に約30000rpmであり、ほとんどが冷却されています。 欠点はその重さです。

    冷却また換気された遠心機は、従来の遠心機よりも多くのスペースを必要とします。

  • 遠心機にはどのようなオプションがあるか?

    設置する位置やユーザーとサンプルの安全性などを含めた 次のようなオプションがあります:

    • 冷却式、非冷却式、加熱式の遠心機
    • 遠心機の蓋がロック式
    • バッテリー駆動
    • 低騒音モデルまた防音ケース付き
    • 遠心分離時間を設定するタイマー付き、またタイマーなしのモデル
    • 回転速度を測定するためのタコメーター
    • デジタル表示
    • 回転速度の調整ができる(加速と制動)
    • ローターの不均衡の自動検出
    • オートクレーブで処理できる付属品
Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です