放射線防護服の選定

放射線防護服は、医療従事者または患者が、放射線を浴びる可能性がある場所で作業をする際に、被曝による人体被害をやわらげます。

放射線防護服を見る

  • 放射線防護服のタイプ

    放射線防護服のタイプの中でも、最も良く知られているのは、体の大部分を覆うエプロンタイプのものです。 放射線防護カラー、生殖腺防護、手袋、ミトンなど、医療従事者や患者の体の特定の部分を保護できる防護服が数多く存在します。主な防護服の種類は次のとおりです:

    Lite Techの放射線防護エプロン

    Lite Techの放射線防護用前掛け

  • 放射線防護服の選び方

    放射線防護服を選ぶ際に重視するポイントは、防護レベル、防護範囲、服の重量、付属品、利用者、価格などです。

    • 保護能力:防護能力を表す単位には、鉛当量(mmPb)が使用されています。   使用状況に応じて適切なものを選択するには、放射線への曝露の時間と頻度、放射線源からの位置と距離、保護装置などを考慮する必要があります。
    • 保護範囲:防護服によっては、前面、背面、および側面の保護ができます。   甲状腺保護カラーとスカートを備えたエプロンは、膝までの体の大部分を覆います。
    • 重量と快適さ:放射線防護服の重量は、施術者の快適さに大きく影響するため、重要な選択基準の1つです。 最近の放射線防護素材は、超軽量でありながら保護能力に優れています。
    • 付属品:放射線防護服と同時に使用することで、最適化することができます。 エプロンタイプの防護服には、首を保護する甲状腺カラー、袖、または膝まで保護することができるスカートを追加することで、保護範囲を広げることができます。
    • 利用者:放射線防護服は、医療従事者や患者、大人や子供、体型などに合ったものを見つけることができます。
    • 価格:価格は防護服によって異なりますが、特にその構成によって異なります。 100%鉛の防護服は、複合材料で作られた衣服よりも重いですが、お手頃な価格です。
    MAVIGの放射線保護用眼鏡

    MAVIGの放射線保護用眼鏡

  • 放射線防護服に使用される素材

    放射線防護服は、鉛100%、複合材料、鉛フリーで作られています。

    • 鉛100%:最も普及している放射線防護服です。 放射線防護服の中でも最も安く、 適切な保護能力を提供しますが、他の素材で作られた放射線防護服よりも重いです。 そのため短時間の作業に適しています。 防護服の重量は、サイズと必要な保護能力によって異なります。
    • 複合材料:鉛入りビニールシートまたは鉛入りゴムシートの形で防護服に組み込まれています。 厚さとシートの枚数により放射線防護指数が決まります。 100%鉛で作られた従来の放射線防護服よりも最大25%軽量です。
    • 鉛フリー:スズ、アンチモン、タングステン、ビスマスなどの放射線防護素材と組み合わされた添加剤と結合剤で構成されています。 汚染のリスクなしにリサイクルできます。  
  • 放射線防護服を使用する理由

    放射線は、人体の分子、細胞、組織に多くの影響を及ぼします。 主な3つの影響:

    • 分子への影響 :生細胞では、すべての分子が放射線の影響を受ける可能性があります。 特にDNAは大きな損傷を受ける可能性があります。
    • 細胞への影響:DNA損傷の結果は、細胞死または細胞の突然変異につながる可能性があります。
      • 細胞死:細胞の破壊が少ない場合、組織は自己再生します。 数多くの細胞が破壊された場合、組織は生き残りますが、後遺症が残ります。 細胞が大量破壊されると、組織は死にます。
      • 細胞の変異:変異した場合、細胞は人体の免疫系によって自然に破壊されます。 場合によっては生き残ることができますが、特定の機能を失ったり、機能しなくなることもあります。 細胞の機能障害は、癌や不妊症の原因になります。
    • 組織への影響:多くの細胞が同時に破壊されると、組織に影響がでます。
  • 放射線に敏感な体の部分

    すべての細胞は、放射線に対して同じ反応をしません。 一般的に細胞の放射線感受性は、細胞分裂が盛んで分化の程度が低いほど感受性が高く、その反対に分裂しないと感受性が低い傾向にあります。 そのため未成熟で未分化の幹細胞は、非常に放射線感受性が高いです。

    • 放射線感受性が非常に高い:幹細胞、リンパ器官、骨髄、血液、精巣および卵巣(配偶子)、腸、皮膚、上皮細胞の内層を持つその他の器官。
    • 適度な放射線感受性:水晶体、胃、軟骨、成長中の骨、小さな血管系など。
    • 放射線感受性が低い:軟骨および成熟した骨、唾液腺、呼吸器、腎臓、肝臓、膵臓、筋肉、脳など。
    Mavigの甲状腺カラー

    Mavigの甲状腺カラー

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です