The online medical device exhibition

内視鏡を正しく選定するには

医療用内視鏡は臓器の内部、消化器官、また体腔を検査することができます。検査する場所の構造に応じた様々なサイズと直径の管(柔軟また硬性)で構成されています。

内視鏡を見る

  • 内視鏡のタイプ?

    内視鏡は、検査をしたり外科的処置を行ったりするための低侵襲性の医療技術です。 内視鏡は胃また気管支を検査する際には口から、鼻孔、声帯また副鼻腔を検査するには鼻孔から、結腸を調べるために肛門から挿入できます。 その他の検査では内視鏡を挿入するために、腹部に小規模な切開をする必要がある場合があります(腹腔鏡検査)。

    主に3種類の内視鏡があります:

    • 硬性内視鏡: 光ファイバーでできた硬い管を使用しています。 内視鏡には照明があり、先端部には画像を映すレンズがあります。 またビデオカメラのヘッドを装着することができます。
    • ファイバースコープ (または軟性鏡):柔軟であることを除いて、硬性光学内視鏡と同じ原理で機能します。 喉頭の一部のように解剖学的に蛇行した構造である場合は、より簡単にアクセスできます。 一方でファイバースコープは細く柔軟で壊れやすいため、より繊細な扱い方を必要とします。
    • ビデオ内視鏡:大半は柔軟で、先端にビデオ画像の取得ができるCCDセンサーがあります。 ポリープ切除術、前立腺の摘出などの用途では、1つまた複数の管を有することができます。 端部にあるCCDセンサーの壊れやすさから、ビデオ内視鏡​​の操作は困難になる可能性があります。 ビデオ喉頭鏡は硬性の場合があります。 ブレードで構成されており、特に緊急時の挿管に迅速な視覚化を可能にするために、統合ビデオモニターを装備することができます。

      Karl Storzの胃内視鏡

      Karl Storzの胃内視鏡

  • 硬性内視鏡の特徴は何か?

    硬性内視鏡は、頭蓋洞、外耳道、尿路など、検査領域へのアクセスがあまり曲がっていない用途によく使用されます。 光源に結合されており、時にはビデオカメラがレンズに取り付けられています。
    近くの物体の広いフレーミングを可能にする広角レンズを使うことができます。また光学レンズのおかげで高解像度の画像です。またこの一連のレンズが管内に整列していることで硬性化します。そして検査領域の非常に明瞭な画像を得ることができます。

    最後に硬性内視鏡は、内視鏡器具を通過させることができる1つまた複数の管を有することができます。例えば異物や組織サンプルを取り除くための鉗子、組織を切断するためのハサミ、細胞を採取するためのブラシ、またポリープを除去するスネアなどです。

    Hipp Endoskop Serviceの腹腔鏡

    Hipp Endoskop Serviceの腹腔鏡

  • 内視鏡を使用する上での危険リスクとは?

    各内視鏡検査は危険伴いますが、特に感染リスクがあります。リスクを最小限に抑えるために、内視鏡は体内に導入される前に消毒されます。他の付属品は殺菌されるか使い捨てになっています。

    検査する体の部位によっては、局所麻酔また全身麻酔を行う可能性があります。よって麻酔に伴う潜在的なリスクも考慮に入れる必要があり、麻酔前の診察は必須です。

    最後に内視鏡の操作自体が合併症の原因である場合もあります。合併症リスクは食道、胃または腸の穿孔などに発生する可能性があります。しかしこの種の合併症は例外的です。

  • ビデオ内視鏡​​の新しい特徴?

    イメージングの大幅な進歩はビデオ内視鏡​​にも適用されたことで、伝統的な診断方法に代わる新しい方法が利用可能になりました:

    • 超音波内視鏡:特に膵臓や胆管の検査のために主に胃腸病学で使用され、超音波プローブをビデオ内視鏡​​に結合して腫瘍、胆石の検出を可能にし、検査によってはMRIやCTよりも正確なことがよくあります。 内視鏡と超音波を組み合わせたこの技術は、管内だけでなくその隣接構造も見ることができます。 またプローブは組織の血管新生を視覚化できます。 しかし超音波内視鏡はそれ自体を入手できるかどうかや費用、画質面の超音波解像度といった制限があります。 したがってこれらの短所を克服する光学画像技術が出現する可能性があります。
    Olympusの超音波胃内視鏡の先端

    Olympusの超音波胃内視鏡の先端

    • デジタルズームの質の向上:デジタルズームの能力はビデオセンサーの解像度に依存します。 メガピクセルCCDセンサ-の使用によりこの能力は、次世代のビデオ内視鏡​​用に向上し続けています。
    • 自家蛍光イメージング:特定の波長の放射線による組織の興奮中に、特定の分子(蛍光色素)は吸収されたエネルギーを特別な放射線で回復します。 スペクトルの分析や放出された放射線の放出時間の測定は、その性質を特徴付けることができます。 蛍光画像を従来の画像に重ね合わせると、診断の大きな助けとなります。

    次の内視鏡技術の開発と応用:共焦点顕微鏡と光コヒーレンストモグラフィー。 光コヒーレンストモグラフィーは、組織の非常に高い解像度の三次元分析ができます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
関連したガイド
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です