医療用シミュレーターの選び方

医療シミュレーションでは、患者を危険にさらすことなく、安全な環境で医療行為の練習ができます。 実際の治療を再現するために、患者役をする人や医療機器などが使用されます。 このガイドでは、主に医療機器、つまり各種シミュレーターやトレーニング用マネキンに焦点を当てています。

シミュレーターには、人体や動物の体の一部または全体を表現したものがあり、 バイタルサインや動作などを再現できる、電子システムを搭載しているものが一般的です。医療行為の練習ができる環境で使用されることが多いです。

医療シミュレーターを見る

  • 医療シミュレーターの用途とは?

    医療シミュレーションとは、医療従事者が安全な環境で医療技術を学び、医療行為の練習をしたり、評価をしてもうための、模擬的な医療現場を再現することです。 十分な医療トレーニングを受けていない医療従事者にとっては、医療ミスのリスクを軽減するために役立ちます。医療シミュレーションに使用される医療シミュレーターは、継続教育、教育、医療訓練、研究など、様々な用途で使用されています。

    • 継続教育:医療訓練用シミュレーターは、医者や看護師、外科医、また様々な医療分野の医療従事者の育成に使用されます。
    • 教育:医療シミュレーターは、医学生の初期研修によく使用されます。 外科手術の授業では、従来の観察中心の学習スタイルとは異なり、安全な環境で模擬的な手術の練習が行なえます。 例えば、縫合シミュレーターや静脈注射用シミュレーターなどを使い、本物の手術器具を使い手術の練習ができます。
    • 救命講習:医療シミュレーターは、一般市民向けの救命講習にも使用されています。
    • 技術・医学研究

    主な用途:

    • 継続教育用
    • 教育用
    • 救命講習用
    • 技術・医学研究
  • 医療シミュレーターはどこで使われているのか?

    医療シミュレーターは、シミュレーションセンターや以下の場所で使用されています:

    • 病院
    • 医学部・大学病院
    • 医療従事者のための継続教育機関
    • 研究センター
  • 医療シミュレーションが使用される医療分野とは?

    医療シミュレーションは、多くの専門分野に使用できますが、特に手術、救急医療、婦人科・産科、集中治療などに最も使用されています。

    • 手術:整形外科や心臓血管外科などの専門分野ごとの手術シミュレーターがあります。
    • 救急医療救急医療用シミュレーターは、心肺蘇生や気道管理などの救命処置の訓練をするために使用されます。
    • 産科・婦人科:婦人科では、婦人科治療用シミュレーターが使用されます。産科では、腹部にコンプレッサーを搭載した産科治療用実習用マネキンを使用することで、出産を再現することができます。
    • 集中治療:集中治療用シミュレーターは、集中治療で行う処置(気管挿管、人工呼吸器の使用、麻酔、心肺蘇生など)を行うことができます。

    Chamberlain Group社製心臓手術シミュレーター

    Nasco社製婦人科治療用患者シミュレーター

  • シミュレーションにはどのような種類があるのか?

    シミュレーションには大きく分けて、疑似患者シミュレーション、人工シミュレーション、デジタルシミュレーションの3種類があります。また、ハイブリッド型シミュレーションや災害シミュレーション、シリアスゲームなどの特殊なシミュレーションを追加することも可能です。

    疑似患者シミュレーション

    患者役、医療従事者、看護師、あるいは本物の患者を使い、模擬的な状況をつくります。患者の死や難しい診断結果の知らせなどを、思いやりをもって家族に伝える練習をするために、俳優が使われることもあります。

    人工シミュレーション

    大きく分けて2種類のシミュレーションがあります:

    CAE社製看護師用患者シミュレーター

    • 高忠実度シミュレーション:実物大の患者(成人・子供・幼児)を再現したリアルなマネキンを使用します。 このような患者シミュレーターは、コンピュータ制御で、生命機能(血圧、脈拍)、言葉、さらには刺激への反応を再現し、最先端の機器を使用した場合の治療にも対応しています。 シミュレーターの中には、出血、瞬き、涙、汗を出す機能を持つものもあります。
    • 低忠実度シミュレーション:高忠実度シミュレーションに比べ、現実性欠けます。通常は身体の一部分に限定され、外科手術や画像診断の手順や技術を学ぶために使用されます。 例えば胴体シミュレーター骨盤シミュレーター腕シミュレーターなどが挙げられます。

    デジタルシミュレーション

    デジタル医療シミュレーター

    デジタル医療シミュレーター

    デジタルシミュレーションには、バーチャルリアリティーを使用します。 このタイプのシミュレーションは、画面インターフェースを使用し、例えばプローブの埋め込み、機器の取り扱い、心電図解析などのシミュレーションに使用されます。老化のシミュレーションや、危機管理のシナリオをシミュレーション室で再現するための、ソフトウェアベースのシミュレーションプログラム、あるいは「シリアスゲーム」などがあります。 シリアスゲームとは、ビデオゲームで構成されるデジタルシミュレーションの一種で、学習者を仮想的な没入型デジタル環境に置き、スキルや知識を習得させるものです。

    さらに:

    • ハイブリッド型シミュレーション:模擬患者と分娩シミュレータ、また模擬患者と点滴用に腕の一部のシミュレーターを組み合わせたものです。 リアルさを、患者と学習者の感覚と組み合わせることができます。
    • 災害シミュレーション:模擬患者、ハイブリッド型シミュレーション、高忠実度シミュレーションなどを使用したシミュレーションです。 特に災害医療において、大規模な危機的状況に備えるために役立ちます。

    シミュレーションのタイプ:

    • 疑似患者シミュレーション
    • 人工シミュレーション
    • デジタルシミュレーション
    • ハイブリッド型シミュレーション
    • 災害シミュレーション
  • 医療シミュレーションの利点とは?

    医療シミュレーションを行うことで、患者の安全性を向上させたり、医療従事者が自信をつけることができます。

    • 患者の安全性の向上:医療従事者による誤った治療、誤診、または医療事故による患者への危害を防止することができます。 患者の安全を確保しつつ、医療費も削減することができます。
    • 医療従事者の自信を高める:医療従事者が日々行う医療行為に自信を持たせることができます。 学生は、患者に怪我をさせることを恐れることなく、手順上でミスをしながら学ぶことができます。 シミュレーショントレーニングは、安全で安心できる学習環境を提供します。
    • 医療処置の難易度を見積もることができる
    • 管理・評価ができる環境で治療の練習ができる
Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です