眼科検診機器の選び方

眼科の検査機器には、眼の検査、視力の診断、眼圧、角膜厚、眼の生体計測などの測定に使用される機器があります。

眼科検査機器を見る

  • 主な眼科検査機器について

    眼科検査機器には様々なものがあり、大きく分けて、眼球のパラメータを測定するもの、視力を検査するもの、目そのものを検査するものがあります。

    • 眼球の検査:
      • 眼圧計 :眼圧を測定するものです。 角膜に空気を当てることで、角膜の反応時間を測定します。 例えば、眼圧の異常は緑内障の症状の一つです。
      • 角膜厚測定装置:角膜の厚さを測定するものです。
      • 眼科用生体計測装置 :眼軸長(角膜頂点から網膜までの長さ)など、目のさまざまな部分を測定します。
      • 自動屈折計/自動角膜計を含むオートレフケラトメーター:眼を通る光の屈折を検査し、屈折異常を検出し、必要な度数を計算することができます。 また、必要に応じてコンタクトレンズを作る際に、角膜のカーブを測定します。
    • 視力検査:
      • 自覚屈折測定器 :度の異なるレンズで視力検査を行うことができます。
      • 視野計 : 視野を測定するために使用します。
    • 眼の検査:
      • 検眼鏡 : 手持ちの小型器具で光線を照射し、目の内部や角膜、水晶体、硝子体、網膜、視神経、静脈を診察することができます。
      • 光干渉断層計(またはOCT) :非侵襲的に眼球の断層画像を撮影することができ、3D画像構築もできます。 赤外線を使用する以外はスキャナーと同様の原理を用いています。
      • 細隙灯:ランプと双眼顕微鏡で構成されています。 前眼部(水晶体の前)から後眼部(水晶体の後ろ)までの眼球とその組織の構造を、深く立体的に診察できます。
      • 網膜カメラ :網膜の病気や黄斑、視神経乳頭を検出するために、目の奥の写真を撮影することができます。
      • 角膜内皮撮影装置 :角膜内皮細胞の個数を調べることができます。
      • 角膜トポグラフィー:近視の屈折矯正手術や円錐角膜の確認のために、角膜表面の形状を測定する機械で、中心窩の焦点位置の中心を確認することができます。
     Nidek社製光干渉断層計(OCT)

    Nidek社製光干渉断層計(OCT)

  • 眼科検診に使う機器について

    眼科検診に必要な基本的な機器:

    • 自動屈折計
    • 自覚屈折測定器
    • 眼圧計
    • 光干渉断層計(OCT)
    • 細隙灯

    これらの機器をすべて揃えると、約25万ユーロかかります。 その他の機械も必要に応じて購入できますが、必須ではありません。必要な機器以外のものを購入すると、購入金額が2倍になることもあります。 眼科検診に使用されるその他の機器:

    • 角膜トポグラフィー
    • 角膜内皮撮影装置
    • 血管造影装置(網膜の検査用)
    • 各種レーザー。特に近視手術用レーザーは非常に高額です(100万ユーロ程度)。
    トーメーコーポレーション社製オートレフケラトメーター

    トーメーコーポレーション社製オートレフケラトメーター

  • 自覚屈折測定器の選び方について

    自覚屈折測定器を選ぶには、装置の作動性、測定範囲、フィルターの有無などについて考えながら選びます。

    以下は主な選択ポイントです:

    • 手動式または自動式
    • 可能な測定範囲値
    • レンズの選択肢
    • フィルター(赤/緑、偏光など)
    • 中古か新品か

    自動式自覚屈折測定器の長所 : 

    • 一般的に、デジタルデータの保存プラットフォームと連携させることができます。 
    • いつでも手動式に切り替えられます。

    自動式自覚屈折測定器の短所: 

    • 自動式は、起動に時間がかかります。
    • 電気モーターには、騒音が発生する可能性があります。
    Essilor Instruments社製自動式自覚屈折測定器

    Essilor Instruments社製自動式自覚屈折測定器

  • 眼圧計の選び方について

    眼圧計 は、眼科検診には欠かせない器具です。 眼圧計を選ぶ基準には、人間工学に基づいた構造であること、異なる種類の検査を一台で行えること、あるいは測定タイプなどがあります。

    • 眼圧計のエルゴノミクス:
      • 携帯型または卓上型
      • 細隙灯に設置
    • 異なる検査を一台で行うことができる:眼圧計は、眼圧・角膜厚測定、レフケラトメーター+眼圧・角膜厚測定など、異なる検査を一台で行うことができます。
     Keeler社製携帯型非接触式眼圧計

    Keeler社製携帯型非接触式眼圧計

  • 細隙灯の選び方について

    細隙灯を選ぶ際には、光学の品質、光のパワー、機械的安定性などを重視することが重要です。 以下は、細隙灯を選ぶ際に考慮すべき点です:

    • 光学品質:スリットランプが使用される検査結果の質は、光学系の品質に大きく左右されます。 光学の品質は、正確な診断と安全な治療のために不可欠なものです。
    • 照明の種類と電力:光源のLEDは均一で力強く、正確なスリット光を作り出します。
    • 機械的信頼性・安定性:手首や指をひねることなく、すべての動作をスムーズかつ無理なく行うことができることを意味します。 またこれには、スリットランプの長寿命化も含まれます。
    • 最大使用倍率: ズームは、特に動画機能と組み合わせて使用することで優れた診断機能を発揮します。
    • 動画機能の有無
    • 携帯型または卓上型
    • 使用できる付属品:
      • ビデオアダプター
      • ビームスプリッター
      • コントラスト増強フィルターなど
     Haag-Streit社製細隙灯

    Haag-Streit社製細隙灯

Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です