整形外科用の固定装具の選び方

整形外科用の固定具は、怪我や手術後に手足や関節を安定させるために使用する医療機器です。スプリント・装具・サポート包帯などの種類があります。

固定用装具を見る

  • スプリント・装具・サポート包帯について

    Aircast社のくるぶし用スプリント

    Aircast社のくるぶし用スプリント

    整形外科用固定装具であるスプリント・装具・サポート包帯には、手足や関節の固定の度合いによる違いがあります。

    • スプリント : しっかりとした硬さがあり、手足や関節を完全に固定することができます。
    • 装具 : 装具は適度な安定感をもたらし、手足や関節を動かすことができるように、ある程度の可動性があります。
    • サポート包帯・ストラップ : 安定化よりも、軽く伸縮性のあるサポートができます。
  • スプリント・装具・サポート包帯の正しい選び方について

    Thuasne社の鎖骨装具

    Thuasne社の鎖骨装具

    固定用装具を選ぶには、以下の要素に基づいて選択する必要があります:

    • 怪我の度合い
    • 怪我病気の種類(骨折、靭帯断裂、変形性関節症、先天性の奇形など)
    • 固定用装具の使用方法(スポーツ用や家庭用など)
    • 固定する手足や関節の大きさ
  • 固定用装具の使用上の注意点

    固定用装具の主な使用上の注意点:

    • 固定用装具をご自分で選択される場合は、専門医(一般開業医、理学療法士)のアドバイスを受けることをお勧めします。
    • 痛みが和らいでも、固定装具の装着期間を守りましょう。
    • 固定された部分を使うスポーツ活動を再開する前に、専門医の了解を得ることをお勧めします。
  • 膝装具について

     Pavis社の膝蓋骨の安定付き膝装具

    Pavis社の膝蓋骨の安定付き膝装具

    膝装具には、いくつかの特徴があります:

    • 開いてるタイプ:つけ心地がよく、通気性も良好です
    • 関節・関節可動域ROM(Range of Motion):装具に関節があることで、膝の動きを誘導できます。膝の可動域を調整できるROMシステムが付いているものもあります。
    • 膝蓋骨サポート付き:膝蓋骨を衝撃から守ります。
    • 膝蓋骨の安定化:膝蓋骨の安定化により、膝の屈曲・伸展時の膝蓋骨の動きが制限されます。
    • 靭帯の安定化:靭帯安定化機能付きの膝装具は、十字靭帯や外側靭帯などの特定の靭帯を必要とする膝の動きを制限できるという利点があります。
  • 指用スプリントについて

    指用スプリントには大きく分けて、安定化屈曲伸長の3種類があります。以下は様々な指スプリントとその特徴です:

    • 安定用スプリント:1本または複数の指の一部または全部が動かないようにするもの。1本の指に装着する場合もあれば、手首から指を安定させる場合もあります。また、指一本の骨を固定することも可能です。このスプリントには次のタイプがあります:
    • 伸長スプリント:指の腱が硬くなったり断裂した後に、関節の振幅を回復させるために使用します。
    • 屈曲スプリント:1本または複数の指の屈曲の練習に使用します。指はスプリントによって曲げられた状態になります。
  • 様々な装具やスプリントについて

     Optec USA社の胸腰仙椎サポートコルセット

    Optec USA社の胸腰仙椎サポートコルセット

    以下は様々な装具やスプリントです:

Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です